カワチについて

いつも新しい画材の老舗
-私たちの願い-

大正9年の6月にカワチは心斎橋順慶町に画材屋としてスタートを切りました。
昭和のはじめには、心斎橋・中之島朝日会館など3店舗において絵を愛される多くの方々にご来店頂きました。
『伝統を守りつつ、いつも新しい』
時代は変わってもみなさまの素敵な「アート」がある時間を過ごして頂けるようカワチらしくお手伝い致します。
『みなさまと共に歩みたい』
それが私たちカワチの願いです。
株式会社カワチ 代表取締役 河内卓也

河内洋画材料店からKAWACHIへ

大正9年(1920年)吉村商店(現在のホルべイン画材)に務めていた河内俊が独立し、心斎橋筋順慶町で創業。大正末頃に河内洋画材料店に改名いたしました。
 一時、八幡筋の西に卸部を設け、心斎橋筋一丁目に新店舗を開く。この頃に絵筆とパレットを持つ「画人印」の商標も作られました。

美術雑誌『中央美術』『アトリエ』などに広告を載せて全国に知られ、新文展や二科展、国展、春陽展、独立美術協会への出店申し込みの店頭受付をおこないました。
 昭和2年(1927年)に鳥海青児、胡桃沢源人、辻愛造、片岡徳太郎、向井順吉らの大阪洋画教会の本部もおかれ、小出楢重や藤田嗣治(レオナール・フジタ)らの有名画家もご来店頂きました。

PAGE TOP